ハイブリッド・エコ・ハートQ

住宅性能と数値表示。

相当隙間面積=C値
単位相当隙間面積5cm2

相当隙間面積とは、建物外周面の隙間の総面積に住宅の内外の圧力差で生じる空気抵抗(係数)を 乗じたものを総相当隙間面積といいます。これを建物の相当延べ床面積で割ったものが 単位相当隙間面積で単位は、cm²/m²で表します。

従って単位相当隙間面積5cm²の場合には、床面積1m²の中に5cm²の穴に相当する隙間があるという事です。 C値=5cm²/m²で表します。

次世代省エネルギー基準では、相当隙間面積=C値が明確に定められます。


気密性能は最も重要な性能

住宅建設で最も困難な施工は気密施工です。以前は、福島県など南東北以南ではC=5cm²/m²の気密性能基準が定められていましたが、40坪の住宅で計算すると660cm²も の隙間が認められることになります。現在は気密性能の表示義務はありませんが、大手プレハブメーカーを含め多くの施工店が旧基準のC=5cm²の気密性能で施工しています。「ハイブリッド・エコ・ハートQ」はC=1.0cm²以下を規定としてそれ以下の数値で施工しています。(実質測定平均=0.5cm²程度)

気密性能はエネルギーロスに直結する漏気を防ぐ性能

気密性能が悪いと無駄なエネルギーが隙間から漏気していきます。エネルギーロスばかりでなく、漏気するときに壁の中の断熱材に、室内の水蒸気を放出させるため、結露が発生し住宅が腐る原因もつくってしまいます。

第1種換気装置と第3種換気装置

第1種換気は、熱交換で主に暖房熱を再活用できますが、第3種換気は、外気を給気するため外気の影響を受けますが、熱は高温から低温に瞬間移動する性質があり、給気口の外気は瞬時に室内空気と同化し、高断熱環境では極端な影響は受けません。スウェーデンで生まれた第3種換気は、北欧で最も多く使用されている装置です。「ハイブリッド・エコ・ハートQ」は、第3種換気をメイン換気装置に採用していますが、温熱環境の設計上で第1種換気が合理的な場合は、第1種換気装置も採用しています。

気密性能と換気の関係。

換気は窓を開けた時にも行われますが、気密は隙間をふさぐことで実現します。換気にダクト式を求めるのは、確実に換気を行うためで、隙間が多いと侵入する空気の方が多く、計画的な換気は行われません。高性能住宅は、基本的にC値=1.0以下の気密性能が求められます。気密性能は暖冷房にも大きく関係する最も重要な性能です。

必要換気量

住宅が高性能になるにつれて重要になってくるのが換気の問題です。 従来の住宅は、換気という考え方がなかったわけではないですが、 便所・脱衣所などに個々の換気扇で換気を行っている程度です。 しかも換気扇による換気は、気密性が全く無視されており、 汚染空気やトイレなどの臭気を瞬時に排出するためだけの局所換気が主でした。 住宅の気密性能を無視していますから、換気扇が隙間になってしまい、冬は隙間風で寒く、 夏は漏気でクーラーが効かないなどの大きな原因にもなっていたのです。
高性能住宅の場合、C値=2cm²/m²の住宅では、ほとんど漏気がない住宅ですから、 自然換気もごく微量となり、機械による計画換気が重要な要素になります。

計画換気があいまいな高断熱・高気密住宅は欠陥住宅といっても過言ではありません。 計画換気は、室内に発生した水蒸気や汚染された空気を速やかに排出し、 新鮮な空気を室内に導入するために必要不可欠なものです。
近年、問題となっているシックハウス(新築病)の原因となるホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)、 また、小児喘息やアトピーなど家庭病の原因となる室内空気の汚染物質を速やかに排除し、 健康的な環境を創り出すのも計画換気のなせる技です。

■一般的住宅において室内汚染の原因となる汚染発生源と汚染物質。
発生源 発生する汚染質
屋外 工場などの固定発生源 硫黄酸化物、オゾン、浮遊粉塵、一酸化炭素、炭化水素類、二酸化炭素、窒素酸化物、臭気
自動車 一酸化炭素、鉛、窒素酸化物
土壌 ラドン、浮遊微生物(細菌、真菌)
室内 建材 コンクリート、石 ラドン
パーティクルボード、ポリウッド ホルムアルデヒド
断熱材 ホルムアルデヒド、ガラス繊維
耐火被覆材 アスベスト繊維
ペンキ 有機溶剤(ベンゼン、トルエンなど)、鉛
内装材、接着剤 カビ、ダニ、ホルムアルデヒド、有機溶剤
器具、設備など 暖房器具、厨房器具等の燃焼器具 二酸化炭素、一酸化炭素、窒素酸化物、ホルムアルデヒド、浮遊粉塵(煙粒子、燃焼核)、炭化水素類、水蒸気
事務機器 アンモニア、オゾン、溶剤類
地下水利用の給水設備 ラドン
在室者 新陳代謝等 二酸化炭素、水蒸気、体臭、アンモニア
生態活動 微生物(フケ、細菌)
人の生活行為、
家庭用品
喫煙 一酸化炭素、タバコ煙(タール、ニコチン、その他)、窒素酸化物、アンモニア、ホルムアルデヒド、炭化水素類、各種発癌性物質、臭気
スプレー 噴射剤(フッ化炭化水素)、プロパン、亜硫酸、塩化メチレン
掃除用洗剤(家具用、床用など) アンモニア、塩素、有機物
塗装 重金属、ベンゼン、トルエン
消臭剤、殺菌剤 石炭酸、クレゾール
殺虫剤 クロロダイン、五塩化フェノール

(出典:省エネルギー機構「健康住宅セミナー」資料より抜粋)